住宅性能・品質について

  • TOP  >  
  • 住宅性能・品質について

住宅性能・品質についてquality

住まいのクオリティに対する株式会社アシストの考え方、コンセプトについてお話しします。ここでは主に「設計・デザイン」「高気密・高断熱性能」「耐震性」「住宅品質と性能」「コストパフォーマンス」を、アシストクオリティを構成する要素としてご説明しています。神戸市で優れた家づくりをお望みなら、注文住宅による新築戸建てで豊富な実績を持つ株式会社アシストにお任せください。

設計・デザイン

設計・デザイン

アトリエ建築家とつくる注文住宅「R+house(アールプラスハウス)」では、設計はもちろんのこと、お客様へのヒアリングも建築家自身が行います。その際、お客様に対して、「部屋はいくつ必要か」「リビングは何帖にするか」といった質問は一切しません。尋ねるのは「新しい家でどんな暮らしがしたいですか?」「1年後あなたはどんな家に住んでいますか?」といった生活のシーンです。建築家はお客様が口にする一言ひとことを拾いながら、自分の中で住まいのイメージへと昇華していきます。

高気密・高断熱性能

高気密・高断熱性能

建物の気密性と断熱性は、どちらが不十分でも快適で経済的な住まいにはなりません。なぜなら、いくら高断熱構造を取り入れても建物のすき間が大きければそこから熱が逃げるからです。反対にどれだけ気密性を高めても、断熱に問題があればその効果は半減してしまうでしょう。株式会社アシストが高気密化・高断熱化を重視しているのはそのためです。高気密・高断熱な家はそこに住まう方にとっても快適。もちろん、十分に気密化した家なら湿気がこもらず、壁体内にも結露が生じにくいため住宅の長寿命化につながります。さらに、高気密・高断熱な住まいは冷暖房効率がよいため、太陽光発電と組み合わせれば、年間の実質エネルギー消費量をゼロにする「ゼロエネルギー住宅」も可能になります。

耐震性へのこだわり

耐震性へのこだわり

株式会社アシストが建てる住まいは、原則として耐震等級3で設計されています。耐震等級3とは、消防署や警察署など災害復興の拠点となる建物に適用される耐震基準であり、まさに最高レベルの耐震性能と言えます。ただし、お客様よりデザインや予算を優先したいというご要望があった場合には耐震等級3を満たせないことがあります。なお、これに準じる耐震等級2でも木造住宅の性能としては非常に優れた部類なのでご安心ください。

長期優良住宅をしのぐ住宅性能と品質

長期優良住宅をしのぐ住宅性能と品質

長期優良住宅とは、住宅の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の9項目について一定の基準を満たした住宅を「長期優良住宅」と国が認定し、各種減税やローン金利優遇などの措置が受けられる制度です。株式会社アシストが手がける住まいはすべて長期優良住宅に対応しており、とくに耐震性能や省エネルギー性能については、徹底した高気密・高断熱化によって国が定める基準を大きく上回っています。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンス

アトリエ建築家とつくる家をより身近なものにしたいという願いから生まれた家づくりシステムR+houseには、住宅の品質・性能を一切犠牲にせず、コストだけをカットする仕組みが取り入れられています。例えば、予算内で使用できる建材や部材に制約を持たせたセミオーダー方式の採用もその一つ。また、独自の仕入れルートを確立したこともコスト削減に貢献しています。

勉強会・個別相談の参加お申し込みはこちら

0120-221-721

〒654-0051
兵庫県神戸市須磨区月見山本町 2 丁目 5-1

メールフォームでのお問い合わせ

Line upラインナップ